~日本人の心の風景~「日本の抒情歌を描く」展(絵画コンクール)イメージ写真

高野辰之:作詞「おぼろ月夜」の歌詞が生まれた場所(長野県中野市)

趣旨

「日本の抒情歌を描く」展は、美術の啓蒙、普及を目的とした公募展です。
明治・大正・昭和・平成と歌い継がれてきた「日本のうた」を通して『自分自身の心のうた』などを表現した平面作品を募集します。
「一流の詩人と一流の音楽家が作り出したこれらの「童謡」等は日本の独自のもので世界に誇る文化遺産です」。~監修のことば~平山郁夫~引用。
絵・歌・詩を平面作品で表現することによって次の世代に歌い継がれ、ひいては平和を願う創作に繋がると思います。
創作活動を職業としている人や、趣味で創作活動している人たちを区別することなく、創作が好きで楽しいと思っている人たちが気軽に参加でき、自分の作品の発表の場となるような展覧会を目指しています。

展覧会日時 2019年5月3日(金)~7日(火)11時~17時(最終日は14時まで)
展覧会会場 浅草公会堂 1F展示ホール
募集作品 平面作品
(日本画・水墨画・油絵・アクリル画・水彩画・パステル画・版画・写真)(F・S・M・P 6号~10号まで)
応募締切 2019年4月22日(月) ※当日消印有効
審査員
  • ワシオトシヒコ(美術評論家・詩人)
  • 佐藤泰生(新制作協会会員・和光大学名誉教授)
後援

公募内容

応募資格 全国、どなたでも応募できます。
童画や絵本を描く方々も是非ご参加下さい。
作品規定 1.F・S・M・P 6~10号まで(厚さ5㎝以内)
2.抒情歌・心のうたの曲は自由
3.作品に曲のタイトルと歌詞を添付
4.未発表の作品(公募展)
5.仮額(幅5㎝以内)をつける(ガラス・アクリル不可)。
裏側に展示可能なように金具(ヒートン)と紐を取り付ける。
応募方法 4月22日(月)※当日消印有効
応募用紙をダウンロード、またはハガキかFAXにて事務局へ依頼。
応募用紙 応募用紙ダウンロード(PDF形式)
出品料 1点 8,000円(学生 5,000円)
2点 12,000円(学生 6,000円)
3点 15,000円(学生 7,000円)
※搬出 宅配依頼の場合は梱包料2,000円をプラスして納付
出品料
納付方法
ゆうちょ銀行の下記の口座に応募締切日までにお振込み下さい。
「日本の抒情歌を描く」展
【記号】10150 【番号】86457781
搬入 2019年5月1日(水)11時~17時
直接、又は送付(当日、時間内に必着)
〒111-0032 東京都台東区浅草1丁目38番6号
浅草公会堂1F展示ホール(TEL 03-3844-7491)
搬出(選外作品) 2019年5月2日(木) ※宅配便にて料金着払いで返却
搬出(入選者) 展覧会終了後 ※直接搬出又は宅配便にて料金着払いで返却
抒情歌大賞 1点 副賞10万円
最優秀賞 1点 副賞2万円
優秀賞 2点 副賞1万円
審査員賞 1点 副賞1万円
平山郁夫美術館賞 1点 副賞1万円
奨励賞 6点 副賞3千円
佳作 数点
スポンサー賞 数点
努力賞 数点
入選・入賞
発表
こちらのホームページ上に掲載いたします。
出品者には郵送にて結果発表します。図録はホームページ上で作成します。
表彰式・懇親会 表彰式 2019年5月4日(土)展示会場 13時~
懇親会 シーフードレストラン メヒコ 16時~18時(会費4,000円)
展覧会会場 〒111-0032 東京都台東区浅草1丁目38番6号
浅草公会堂1F展示ホール(TEL 03-3844-7491)
銀座線浅草駅1番・3番出口 徒歩5分/都営浅草線A4出口 徒歩7分/
東武鉄道浅草駅北口 徒歩5分/つくばエクスプレス浅草駅A1出口 徒歩3分
免責事項
  • 会期、保管中の作品については、充分注意して取り扱いますが、不可抗力による損害については、主催者は一切責任を負いません。
  • 額縁の損傷については責任を負いません。
  • 主催者は、入賞・入選作品を当展の広報や宣伝のため、また写真販売等に自由に使用することができます。

運営事務局

担当 武生・花村・小倉・窪田
住所 〒206-0824 東京都稲城市若葉台1-33-2-1-101
TEL 090-2143-2932
FAX 042-331-1188
mail sawatake123@gmail.com

絵画コンクールお問い合わせ

過去の公募展

© 2017- 2019 ~日本人の心の風景~「日本の抒情歌を描く」展